紹介されました
オフィシャルサイトはこちら

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で
判断能力が十分でない方を法律的にサポートする制度です。
成年後見制度には、大きく分けて「任意後見制度」と「法定後見制度」
があります。

 

・認知症の親を悪徳商法から守りたい。
・親が認知症で介護施設や病院との契約ができない。
・認知症の親の不動産を売却して、介護費用に充てたい。
・障害のある子供の将来が心配。
・寝たきりの親の世話をしているが、他の親族から財産管理の面で
 疑われている。

 

このようなお悩みを持つ皆さんに代わって、
当事務所では、法定後見の申立て一切、
任意後見契約の文案作成から公証役場との打ち合わせなど、
必要となる諸手続きを総合的にお手伝いさせていただきます。

 

また後見人候補者となることも、もちろんお引き受けしております。
まずはお気軽にご相談ください。

豊富な実績と信頼。

当事務所は、個人のお客様からの直接のご依頼は勿論として、
銀行や生命保険会社、証券会社からのご依頼も数多くお受けさせて
頂いております。

このような金融機関から大切なお客様をご紹介頂けるのは
事務所の 信頼によるものであり、これは後見業務に限らず、
司法書士業をする中で最も大切な事だと考えております。

 

司法書士本職が「最初から最後まで」必ず担当致します。

ご依頼者の方への業務連絡や質問へのご回答など、
すべて司法書士が行いますので、安心してご依頼頂けます。

 

ご依頼者様の「お気持ち」「思い」を最優先致します。

「この状況だったらこれだ。」といったような、
知識や手続き制度の押付けをするのではなく、
納得いくまで話し合い、一緒に考え、最良の方法をご提案致します。