紹介されました
オフィシャルサイトはこちら

相続や贈与・遺言は、人の死亡や財産に関わる事ですから、軽々しいものではありません。

 

しかし、いざ自分の思いを形に変えようとしても、
専門的な知識がなければ途方に暮れてしまいます。


何から始めれば良いのか分からず本を読んだり、知り合いに尋ねたり、少なくない時間と多大な労力を費やすことになる方も大勢いらっしゃるかと思います。

 

・相続が起きたけど、何から手をつければよいか

・遺言書が出てきたけど勝手に開封してもよいか

・自分がしっかりしている間に不動産を子供に譲りたい

・不動産などの名義変更をしたい

・残された家族が揉めないように遺言を残したい

・相続や遺言について誰に相談したらよいか

 

このようなお悩みを持つ皆さんに代わって、当事務所では、
これからどういう手続きが必要で、
どういう手順でしなければいけないのか、
その手続きにはどのような書類が必要なのかを、
納得頂くまでご説明したうえで、
プロとして確実・迅速なサービスの提供をさせて頂きます。

相続・遺言・贈与で、お悩みの方は、
まずはお気軽にご相談ください。

豊富な実績と信頼。

当事務所は、個人のお客様からの直接のご依頼は勿論として、都市銀行や生命保険会社からのご依頼も数多くお受けさせて頂いております。
大切なお客様をご紹介頂けるのは事務所の信頼によるものであり、これは相続等の案件に限らず、司法書士業をする中で最も大切な事だと考えております。

 

費用が明瞭です。

相続による名義変更では、不動産の数・遺産分割協議書の作成、書類の収集代行、日当などいくつもの項目に分かれて手数料が課かってきて分かりづらいものです。当事務所では報酬を低額で定額化していますので、報酬としては5万円〜7万円で済む方が大半ですので安心してご依頼頂けます。

 

相続放棄、特別代理人選任など裁判所申立書類を作成します。

相続人の中に未成年者がいる場合や、相続放棄手続をする場合など、 家庭裁判所に申立ての必要があります。必要書類の調査から申立書類作成まで最後までご支援いたします。途中で投げ出すようなことはございません。

 

費用を抑えて頂く事を基本にし、戸籍謄本等必要書類を代わりに取得します。

戸籍謄本、住民票、ケースによって他の書類が必要になるなど、相続登記に必要な書類は多岐にわたります。当事務所アドバイスのもと、役所で簡単に取得できるものなどはお客様ご自身で取得して頂き、 収集困難な書類にのみ当事務所にお任せいただくことで、相続登記の費用を抑えることができます。当然、全てお任せ頂いても問題ありません。

 

ご要望に応じて税理士など専門家をご紹介します。

登記以外の税金、相続後の不動産の任意売却などのご相談も承ります。その場合は当 事務所の提携の専門家をご紹介いたします。

・遺言について

・このような方は遺言を

・遺言の種類

・生前贈与とは

・相続対策としての贈与

・生前贈与による節税

・相続登記について

・相続登記を最初にする理由

・相続登記に必要な書類

・相続放棄とは

・相続放棄の申請期間

・相続放棄の流れ